U R My Life...

Everytime and Everyday I Wait 4U...

スポンサーサイト

--/--/--(--) 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004/07/12 イジョン- 2集 LOOK AT ME

2004/07/01(Thu) 

 旧 MYブログ じょんあ~ わ~るど より コピーしました。。。

今までの イジョンさん CD情報は。。。
   イジョン CD            →イジョン 正規アルバム・シングル
   イジョン CD (Feat.)      →イジョン 参加アルバム
   イジョン CD (OST&VA)    →イジョン 参加OST・VA



イジョンCD2集

2004/07/12
イジョン- 2集 LOOK AT ME

01.  Summer Holiday  (Feat. ウォンジョンチャン=ウォヌ)
02.  残酷な別れ          잔인한 이별
03.  俺を見て            나를 봐
04.  一人で             혼자서
05.  一度だけの祝福       한번뿐인 축복
06.  言ったじゃないか      내가 뭐랬어
07.  辛い決定            힘겨운 결정
08.  戻って来て          돌아와
09.  綱引き愛            줄다리기 사랑
10.  欲張りな愛           욕심 많은 사랑
11.  俺を泣かせないで  (映画「パパと僕と」OST)    날 울리지마
12.  U R My Life  (Feat. ウォンジョンチャン=ウォヌ)
13.  言ったじゃないか (Remix)     내가 뭐랬어 (Remix)
   


(MV)Lee Jung - Summer Holiday  Summer Holiday
 http://youtu.be/7GA6o1mGTKQ


(MV)Lee Jung - Narulbwa   俺を見て


(Live) 이정 - 나를 봐, Music Camp 20040724



이정 - 날 울리지마


김동률의 포유 For You 20060518
이정 - 날 울리지마  Lee Jung - Cry me not


U R My Life  (Feat. ウォンジョンチャン=ウォヌ)
↓ ※これは Feat.クジュンヨプさん Ver. 



12ヶ月間の遂行. イジョンが帰ってきた。
2003年夏 '二度と', '明日にして' という曲で 匿名の台風で登場した
21世紀型 最高歌唱力の所有者 恐ろしい新人 イジョン.
そして12ヶ月が過ぎた2004年夏 また強力に武装した彼が 歌謡界の征伐を予告する。
1集(2003年)当時 '韓国のマイケルジャクソン', '本当に歌を上手にする歌手' 等
いつも彼には 強い修飾語が付いて回ったし、イジョンもまた、そのような修飾語さえ
圧倒するように 彼の実力はいつも不足がなく見えた。
そして12ヶ月が経った今 多い遂行の中で悟りが分かった修道僧のように くたびれている
歌謡界を注目して 見ている。
今回の2集では 1集の時リリースした R&B基盤の音楽と違い 'R&B、バラード' などの
イジョンスタイルの基本ジャンルの他に "レゲエとインド" という独特の音楽スタイルが
破格的に披露された。
"イジョンがすれば違う という誇示をすることなのか?" という疑問に 躊躇なしで
"当然だろう" という確信を持つようにする 今回の2集での彼の変身は 多少衝撃で
近づく大きな課題だ。
特に 訴えの効果があるように '二度と' を叫んでいた 彼の若いカリスマは とても
成熟していたし 柔らかいさの中にくるまれた 丈夫な彼の声では身近さまで入る。
カリスマある彼の姿もまた、何か悟った 成熟したミュージシャンの姿で 変わっていたし
こういう イジョンの2集は 胸のときめきと衝撃の中に誕生したのだ。

今回の2集でも やはり "キムチャンファン師団" のベテランプロデューサーラインが
イジョンと共にアルバムを組閣した。
アジア上位1%以内の 国宝級プロデューサー キムチャンファン をはじめとして
キムチャンファン師団の指揮官の チェヨンの'危険な演出'ホンギョンミンの'お前を送って'
等で知らされた 'ゴールデンフィンガー' キムウジン、 オムジョンファの'隙間'を作曲して
オムジョンファの'分からない'を編曲した キムゴンウ、ホンギョンミンの '後'と イジョンの
'二度と'と'明日にして' 等で知らされた オフン がプロデューサーラインを飾った。

多少疲れている歌謡界を 救援するメシアは誰か? という大層な疑問に 多くの音楽関
係者達は希望がないような 冷笑的な微笑を浮かべることが 2004年歌謡界だ。
多くの作品と スターら中に記憶される者と 忘れられる者が 交差する韓国歌謡界で
冒頭に言及した救援というということは ずっと進むという表現で理解されるのが
やさしいようだ。
それだけ 領土を失われる歌謡界の保全と 進むことの功臣は刻苦の努力と汗で
今この時間にもその遂行を怠らないだろう。
その中 イジョンを守ることまた、それだけ歌謡界を守ることだ。
50を越えても 歌う イジョンを 見たい。


(収録曲)
01. Summer Holiday
すがすがしくて エキゾチックな レゲエ曲で 2004年韓半島の夏を 強打する2004年型
レゲ曲だ.約10余年 前全世界の夏は レゲーミュージックで染まっていたし 若者たち
を熱狂させるレゲーミュージックというキーワードが 最高のトレンドであった。
そしてファッションの10年周期と同じように進化した姿で 2004年若者たちのトレンド
で生まれ変わった。Jameika、Bob" Marley、Big Mountain、UB40,そして夏すれば
躊躇なしで浮び上がるレゲーミュージック.
'Summer Holiday' は 熱帯地方のエキゾチック情緒が充満した レゲエ曲で やはり
イジョンの声だけが表現することができるという 確信を与えるようで、'イジョン' の
すっきりした歌唱力がとてもレゲエらしい。
疲れて難しいこと上で夢見るすっきりした夏情緒を感じたいなら 曲を聞くことだけで
心がときめいて すでに心はすっきりした 海辺の白砂浜に横になっているようだ。
2004年韓半島の蒸し暑い夏は 'イジョン'だけの すっきりした声で一段と涼しくなるようだ。
特に前奏で鳴り響く すっきりしたコーラスが 広く繰り広げられたすっきりした海を見て
感嘆の声をあげるあなたを想像するだろう。

02. 残忍な別れ
Popスタイルの R&B Ballad曲で 曲全般に敷かれてつなぐエレキピアノの旋律が
洗練されるように表現されていて スケールあるストーリーラインを描く編曲が非常に
印象的だ。 イジョンの 成熟したボイスが 曲開始から節制されて表現されたし
'残忍な離別' という題名と同じように 離別を前に黙々と恋人を送る胸が痛い心を
イジョンは彼の声で すべてのストーリー
を説明している。
イジョンの 成熟したボイスと 痛い離別の状況が 一編の映画のように描かれる曲だ。

03. 俺を見て
HIP HOPリズムと R&B感じの基本ベース上に トッピングされたレゲエバウンスと
全世界的に旋風的なトレンドの5音階基本のアジアサウンドが 配合された 非常に
印象的な曲だ。
特にアジア圏国中一つの インドの魅力あって 新鮮なサンプリングが使われて
非常に印象的な衝撃を投げかける曲だ。
24ビットリズムのレゲエバウンスの洗練された イジョンのグルーブ感が
肩を揺れるようにして。
リフレーン部で出てくる 爆発的なイジョンの歌唱力は 感嘆の声を上げるように
するのに充分だ。
彼の声ぐらい 彼を卸して売る精巧なサンプリングもまた、圧巻だ。
本当にイジョンだから 表現されることができるという確信を 今一度持つように
して進んで国際市場でも競争力がある イジョンの可能性を 見せる非常に新鮮な曲だ。
イジョンの 潜在された浮気心はいったいどこまで認知され 彼の技量はあえて
推し量ってみることはできないという 謙虚な心を持ってみて 2004年夏エキゾチック
で多少身近さがはらんでいるイジョンがプレゼントする インドスタイルは
波乱を起こすのに十分な要素を持っている曲だ。

04. 一人で
R&Bスタイルの 洗練されたNew Jack Swing Funky曲で 洗練された編曲と
コーラスラインが外国の曲を聞くような 錯覚を入るようにする曲だ。
イジョンの 曲解釈力が 今一度国際市場でも競争力を持つことができるという確信を
入るようにして イジョンの力量に拍手を送る曲だ。
外国のミュージシャンと肩を並べるほどの 洗練された曲であり 曲自体が持つ特有の
黒人感じの24ビットのグルーブ感と ボコーダーサウンドが感覚的であり 黒人らしい
イジョンの歌唱力が感じられる曲だ。

05. 一度だけの祝福
Popスタイルの R&B Ballad曲で 洗練された編曲と イジョンだけの独特のボーカル
アレンジが印象的な曲だ。
特に 別れた恋人を回想する寂しさと 真実に充ちた歌詞が イジョンの節制された
ボイスに乗って胸深く伝える曲だ。

06. 言ったじゃないか
全世界的に流行する 5音階のアジア スタイルの曲で 互いの行き違いの緊張感と
反復されるエキゾチックな楽器のパターンが とても感覚的なインド風のR&B曲だ。
特に '言ったじゃないか' という題名で感じられるように また戻った恋人に
言い聞かせるように話す歌詞が 非常に独特で、5音階のアジア的なスケールが
非常になじんで印象的な曲だ。
そして イジョンが持っている 妙な感じの半音感じが 聞く人にとって妙な刺激を
与えるのに十分な曲だ。

07. 辛い決定
ラテン系の感じの洗練されたR&B曲で 世界的な傾向と並べるほどのトレンドを
持っている曲だ。
恋人を送らなければならない切ない心が ストリングとティンパニーのパターン
と同じように意味深長に伝達していて ラフで質感あるドラムビットが洗練美を加えた。
特に イジョンだけの曲解釈力が 曲前半分に融合していて 黒人ボイスを連想させる
彼のアドリブが聞く感動を加える。

08. 戻って来て
POPスタイルのBallad曲で スケールあって 映画を見るようなサウンドが印象的な曲だ。
イジョンの 訴える力あるボイスが 止めとなくて出てきて、歌詞で感じられる切実さ
を表現するのに不足がなく見える、現編曲が雄壮さと洗練美を加えたし イジョンの
ボイスが完成度を加えた。

09. 綱引き愛
24ビットのビット感あるレゲエ曲で 夏の情緒とエキゾチックな郷愁が充満して出る曲だ。
あたかも、Bob Marley、Big Mountainが思い浮かぶ イジョンのアドリブと ボーカル
アレンジが非常にレゲスらしい曲だ。
愛は押して引くという話を おもしろく状況で解いておいたのが印象的だ。
パウンス感があるように出てくるビンテージらしいオルガンの声が 印象的であり
イジョンのレゲエらしいボイスが似合う曲だ

10. 欲張りな愛
前世界的に流行している インドスタイルのヒップホップ曲として クラブで扇動する
ような魅力を持った曲だ。
特に前半部に使われたインド感じのサンプリングが 非常に新鮮で刺激的だ。
愛するには とても遠い君という状況を 自尊心あるように克服するという自信が
リズムと共にゆれて イジョンのグルーブあるセンスある曲解釈力が 聞く人にとって
聞く面白みを増す曲だ。

11. 俺を泣かせないで
シンスンフンが歌った曲で 既存のスタイルとは違って Pop Balladで再解釈された作品だ。
十分知らされたメロディだが、イジョンの解釈はとても違った。
あたかも他の曲を聞くような二曲は 原曲と比較して聞くのもおもしろいようだ。

12. U R My Life
以前に クジュンニョプ1集で イジョンがフィーチャリングして 先後輩のような
舞台を見せた曲で 今回の2集では ウォンジョンチャン という新人と口を合わせた。
イジョンが ラップとしての力量を誇示する曲で 後半部にやりとりする歌唱力ある
アドリブがあたかも全盛期時の K-Ci & Jojoを見るようだ。



スポンサーサイト

|  HOME  |

プロフィール

 ひろりん

Author: ひろりん
LeeJung&7dayz&wanted
  &k-pop Indies... fan♥

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。