U R My Life...

Everytime and Everyday I Wait 4U...

スポンサーサイト

--/--/--(--) 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年1月、アメリカ韓国人の日祭り 参加????

2010/08/19(Thu) 

来年1月、アメリカ韓国人の日祭り 参加????


(記事)長い間の間‘一人暮らしの父’1男1女と妻だけ理事海兵戦友会と市庁訪問

‘雁家族’で有名な‘あげは蝶’歌手キムフングク氏家族が
アーバイン(アメリカカルフォルニア)に引っ越してきた。

キムフングク氏家族は長男ドンヒョン(19)君が
‘ラグーナビーチ カレッジ オブ アート アン デザイン’(LCOAD)に
今回の秋学期に登録して娘ジュヒョン(9)さんもアーバインの
某私立学校に入学してハワイからアーバインに住居地を移した。

去る2000年代初めからオーストラリア-韓国、ハワイ-韓国雁家族で
良く知られたキムフングク氏家族は最近アーバインビジネス
ディストリック近隣の某コンドミニアムに巣を開いた。
夫人ユンテヨン氏は子供らとアーバインで生活を始めた。

海兵隊(401期・9118部隊)出身で‘海兵隊広報大使’を受け持っている
キムフングク氏はOC海兵隊戦友会会員、家族らと共に17日
アーバオン市長室を訪問してカンソクヒ、アーバオン市長、
チェソクホ市会議員などと共に談笑を交わした。

今週末韓国に帰るキムフングク氏は“アーバインにきた後
1週間ぶりに家を得てこちらでの生活を始めることになった”として
“その間家族を他の領域に置いて韓国に帰るときはお父さんとしての
心情が痛かった。 しかしアーバオンは私のすべての教育環境と
システムがよく出来ているのを見ると安心して舞い上がれることになった”と話した。

キムフングク氏は条件が許諾されればまもなく海兵隊で除隊する
養子歌手イジョン氏とともに来年1月アーバインであるアメリカ韓国人の日祭りに
参加する意向も映った。
彼は“韓国に帰って放送局関係者たちとスケジュールを調整してみるようにする”
と話した。

キムフングク氏はこの日アーバオンから市訪問に対する感謝の気持ちが入れられた
‘歓迎場’を受けた。 カンソクヒ市長は“数年前キムフングク氏人生に対する
感動的なドキュメンタリーを見て行くということ命を受けた。
こちらに来られたのを歓迎する”として“アーバオンの教育の熱意は
すでに韓国に知られていて韓国人らと韓国人学生たちも多くて適応するのに
難しくないだろう”とアーバオンに対して紹介した。

チェソクホ市会議員も“もうアーバインと縁を結ぶことになったので
韓国に行けばアーバオンは広報大使で仕事をしてくれ”と話した

一方‘2022年ワールドカップ広報大使’にも有名なキムフングク氏は
2022年ワールドカップ韓国誘致のために‘2022’と書いている帽子をかぶって目を引いた。
彼は“来る12月2日2022,2018年度ワールドカップ開催地を同時に発表する”
として“2022年ワールドカップ誘致のためにアーバイン市の協力をお願いする”
として韓国人らとアーバイン市の関心を頼んだ。


<イジョンフィ記者>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

≪ 歌手イジョン、31日海兵隊除隊 |  HOME  | イジョン、31日海兵隊除隊! 1日継父キムフングク プロ出演! ≫

プロフィール

 ひろりん

Author: ひろりん
LeeJung&7dayz&wanted
  &k-pop Indies... fan♥

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。