U R My Life...

Everytime and Everyday I Wait 4U...

スポンサーサイト

--/--/--(--) 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イジョン 歌手カムバック、10日から歌謡プログラム

2011/02/09(Wed) 

記事のとおり、今週から完全カムバックです~~~~~!!
スケジュールは。。。   または じょんあ~ スケジュール へ


イジョン 歌手カムバック、10日から歌謡プログラム

[sports.khan] 2011年02月09日(水)午後04:50  元記事

2008年10月歌手イジョン(本名イジョンヒ)は静かに海兵隊に入隊した。
芸能人達の兵役不正が新聞紙上を飾る時だったので 一歩遅れて伝えられた
彼の入隊の便りはより一層意外だった。
真っ最中活動した芸能人が海兵隊に志願入隊したことは 1968年歌手ナムジン以後
正確に40年ぶりのことだった。
昨年8月全域した夕方取材陣と偶然に持った食事席で側を通ったた市民達は各々
“すばらしいです” “苦労多かったです”としてずっと美徳のお話を伝えた。
彼は明らかに新鮮だった。
20110209カムバック記事1
歌手イジョンが本格的な歌手活動を再開した。
8日スペシャル アルバム< Let's Dance >を発売して、10日から各種歌謡
プログラムで派手なカムバック舞台を持つ予定だ。

(sports.khan) を探したイジョンには‘オーラ’があふれた。
より一層素敵に見えるのが当たり前だった。
本人がプロデューサーを引き受けて全曲を作詞・作曲した念入りなアルバムに先立ち
海兵隊に対する話を先に尋ねなければならなかった。
20110209カムバック記事2
“海兵隊が唯一芸能兵士がない所なので下した決定です。
アボジ(継父キムフングク)に海兵隊に行きたいと話したところ実際に信じない表情でした。
訓練所正門に入る瞬間からまた他の世界が繰り広げられたのです。
海兵空輸、奇襲特功、遊撃…. どれくらい残酷なのかあえて言わなくても分かる方々が
多いでしょう。
徹底的に‘イジョンヒ’でだけ暮らしました。 振り返ってみれば夢を見るようで。
”軍服務中の二等兵の‘イジョンヒ’は2009年1月また一度インターネットを熱い雰囲気に
したことがある。
ブンダンのヤタプ駅で自身の初めての休暇を出迎えにきたお母さんを前に置いて
歌を歌った長安の話題を呼びおこした。
‘遠くにお母さんが出てきておられる醜い息子歓迎しようと/お母さんお母さん
泣かないで下さい 泣かずに行って来ます。 次にこの次に転役したら終える事が
できなかった親孝行つくしますね….’
20110209カムバック記事3
涙で抱擁する母子に近くにいた市民達も熱く拍手を送った。
ある市民がとってあげたUCCは‘イジョン涙の思慕歌’で検索語1位を占めた。
「까방권 (까임방지권君だけは非難しないという意)を一生獲得した’
‘君を懲らしめる人がいれば私がほっとかない’、‘君のアルバムは一生買うことだ’等の
才気溌剌なコメントが列をなした。
20110209カムバック記事4
“事実そのことで牢屋に行くところでした。
初めての休暇の時お母さんの前で歌った‘慰労休暇歌’は厳格に‘私歌’であり
海兵隊では公式に許容しない歌でした。 3日間厳格な訓育と調査を受けました。
良い言葉を下さった大衆方々が多かったのでそれさえも訓戒で終わることができました。”
彼は軍生活を通じて得た事がが多いといった。
“何度でもこらえることができるようになりました。 また、お母さんの前でさらに謙虚な
息子になったし 有り難いことをさらに有難く感じるようになりました。
電話通話しながら‘オンマ切って!’といった口調は皆消えました。
大人っぽくなったことでしょう。 ‘目標立てる事’が趣味になってしまったのも変わった事
のひとつですね。” 負担になるのもある。
イジョンは“良くやったことない私が周辺方々からとても熱い視線を受けるようだ”としながら
“感謝しながらも申し訳ない”と話した。
約6ヶ月間作業室に引きこもって作り出した彼のアルバムは 
以前のシンガーソングライターの気質が百分発揮される。
R&B、洗練されたポップ二つの領域に全部上手なイジョンは自身の技量を決心するように
広げるとみられた。 曲ごとに作曲家としてのペンネームの‘J-LEE’がついた。
20110209カムバック記事5
エレクトロニック サウンドが入ったタイトル曲‘ Let's Dance ’を筆頭に、
ヒップホップが加味されたポップ曲‘道をあけろ’、切ないR&B曲‘愛はなぜ’、
ミディアムR&B曲‘聞いて’等総7曲を通じてし終えることができなかった歌手と
作曲家としての情熱を誇示した。
本来から実力ボーカリストであったイジョンの音色はより一層濃厚で深くなった。
“タイトル曲をちょっと速い曲を持ち出しました。
皆R&B曲を持って来ると思っておられたと思いますが、本来からリズム感ある歌が
好きだったんです。
速い歌が大勢であるこの頃歌謡界に‘ガチンコ勝負’をまともに推しはかるつもりですよ。”
歌中‘道をあけろ’と‘聞いて’ ‘嬉しい日’等は 上兵時期から頭の中で何度も音符を
描いて歌詞を付けながら作った歌だ。
睡眠に入る直前でも、警戒勤務を立つ時時々気持ちの中に創作した後休暇の時楽譜で
移し書いた。 唯一の慰安の種であった。
歌に登場する‘涙もかんで飲み込んで’という文句は教官らから常時聞いた話だった。
“狂ったように懐かしかった舞台で作業室でした。
全力をつくしてアルバムを作っている私は別の見方をすればとても幸せな人です。”
20110209カムバック記事6
クジュンニョプ、キムゴンモ、チェヨンなど同じ所属会社同僚歌手達も拍手をしながら
彼のアルバムをほめている。
今年彼は 年末単独公演を抜いては全部音楽活動にまい進するところだ。
“‘까방권(君だけは非難しないという意)’をくれて、
アルバム買って下さるという方々が相当多かったのも分かるので、
力ちょっと加えて下されば申し分なく良いです。”(笑い)
一方最近海兵隊を志願して話題を集めたヒョンビンに対して要請の話も伝えた。
彼は“兵長の時ぐらいにヒョンビン氏が海兵隊入隊手続きを調べてみているという
話を聞いた”としながら“ヒョンビンでなくキムテピョン(本名)で暮らしたらと思って、
行ってくれば本当に多くのことを持つようになった自分を発見できるだろう”と助言した。

-(c)sports.khanギョンハンドットコム(http://sports.khan.co.kr),
無断転載および再配布禁止<ギョンハンドットコムは韓国オンライン新聞協会
(www.kona.or.kr)のデジタルニュース利用規則にともなう著作権を行使します。>

イジョン3年ぶりにカムバック 'Let's Dance' 発売

[アジアトゥデー] 2011年02月10日(木)午前11:17
[アジアトゥデー ムンヨンベ記者] 元記事
20110210カムバック記事2

海兵隊を除隊した歌手イジョンが3年ぶりにカムバックした。
所属会社メディアラインは 10日
"イジョンが新しいアルバム 'レッツ ダンス(Let's Dance)' を発売した" と明らかにした。

タイトル曲 'Let's Dance'は デビュー曲'二度と'の後に続く楽しいダンス曲だ。
速いビートにヘビーなサウンドそして肩が自ずと揺れるようなエレクトロニック
サウンドの曲でイジョンのカッコイイボーカルが完成度を加えた。
また、収録曲にはイジョンの切ない声を感じることができるバラード曲 '愛はなぜ'も
心に触れる。

所属会社関係者は "イジョンが今回のアルバムの全曲を作詞作曲編曲を引き受けたし
プロデューサーに変身して すべての作業を一人でやり遂げた" として
"今回のアルバムはイジョンの音楽活動の足場になる"と伝えた。

イジョンは 10日Mnet'M COUNT DOWN'を始め 11日KBS 'ミュージックバンク'
12日MBC 'ショー音楽中心',13日SBS '人気歌謡' などに出演して
本格的な活動に突入する。


{ (c) 'グローバル夕刊総合日刊紙'アジアトゥデー}ムンヨンベ(記者)
bretto@asiatoday.co.kr

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

≪ 2011/02/08 イジョン- ミニアルバム Let's Dance |  HOME  | 20110209 twitter ≫

プロフィール

 ひろりん

Author: ひろりん
LeeJung&7dayz&wanted
  &k-pop Indies... fan♥

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。